プラダン

プラダンの特性

プラスチックダンボール(プラダン・ダンプラ)はポリプロピレン樹脂(PP)を原材料とした梱包資材です。
中空構造により強度軽さ耐久性を兼ね備えた、費用対効果の高い素材です。

プラダンを使用した梱包箱は作業負担の軽減や、輸送コストの削減に貢献できます。

さらに、耐水性、耐油性、断熱性、耐薬性を持ち合わせておりますので、自社物流の輸送箱や通い箱、ご家庭や職場で使える収納箱、
精密機器ケース、油や水の多い工場内の箱など用途は星の数です。

プラダン加工用機械多数ご紹介希少価値

<抜き・カット>

【サンプルカッター】

PCで作成した図面通りに材料の加工を行う機械
主に試作品作成などに利用します。

【プレス加工】

抜き型・木型を使って材料の加工を行う機械
用途・サイズによって【平台プレス】と【ローラーダイカッター】を使い分けます。

<印刷>

【シルク印刷】

プラダンの表面に印刷するための機械
会社のロゴや文字などご要望に合わせて印刷します。

<穴あけ>

【穴あけ】

留め具を装着するための穴をあける機械
4か所同時に穴をあけることが可能です。

<接合>

【ウェルダ】

材料(樹脂系)を超音波によって溶かして接合する機械
その他にも金属or樹脂の留め具で止める【リベッター】や針金でとめる【ステッチャー】という機械もあります。

<熱曲げ>

【熱曲げ】

高熱で材料(樹脂系)を曲げて固定したり、折り目を付ける機械
大小二種類の機械があり、最大寸法1080mmおよび2500mmまで加工可能です。

プラダンの製作事例

お客様のご希望に合わせて最適な梱包をご提案いたしますのでお気軽にご相談ください。